CANON PIXUS MG6230について

 

  CANON PIXUS MG6230のインクが50%OFFで買える!互換インクのすすめ

 

 

CANON PIXUS MG6230(ブラック)は、PIXUSシリーズとして知られるキャノンが、2011年9月に新製品として発売した複合タイプのインクジェットプリンターで、基本色となるマゼンダインク(型番:BCI-326M)・シアンインク(型番:BCI-326C)・イエローインク(型番:BCI-326Y)に加えて独自に採用したグレーインク(型番:BCI-326GY )を搭載しているのが特徴で、ブラックインクにおいては、通常の染料ブラック(型番:BCI-326BK)のほかに顔料ブラック(型番:BCI-325PGBK)も搭載しています。
グレーインクは、従来の基本色と染料ブラックとの組み合わせでは再現できなかった深みのある色や、モノクロの色調を的確に再現することができ、顔料ブラックインクは文字印刷において、テキスト文字のにじみや潰れが解消されてきれいな文字印刷を実現しているのです。

 

表面成型によって仕上げられたブラックボディーには洗練さが漂い、インテリアとしてブラックのデザインが多い液晶テレビなどともマッチするほか、インテリジェントタッチシステムと呼ばれる独自の機能が、高い操作性を実現してユーザーの間で好評を博しています。
PIXUS MG6230は、iPhoneやスマートフォン、タブレット端末などから無線LANを経由してダイレクトに印刷することが可能で、使いやすさに徹したアプリケーションは、Apple Storeなどの端末メーカーのサイトからダウンロードが可能となります。

 

PIXUS MG6230では、コピーや自動位置補正機能が内蔵されたスキャナーとしても利用できますが、なかでもスキャナー機能においては、JPEGまたはPDF形式の読み取りデータをスマートフォンなどへ直接保存することが可能で、データ容量も気にすることなくフレキシブルに対応します。
また、夜間などの時間帯における印刷では、サイレントモードが印刷時の稼働音と振動を抑えることから、テーブルの上での印刷や大切な資料、写真などの印刷にも適しています。

 

印刷スピードにおいては、A4サイズ1枚あたりの文書印刷で約5秒、スタンダードサイズとも言えるL判の写真印刷が1枚あたり約16秒となっており、ランニングコストが懸念されるL判の写真印刷では、用紙代を含めて1枚あたり約19円と言う金額で実現できるのです。
さらに、PIXUS MG6230には、他社の家庭用インクジェットプリンターで見ることがほとんどない両面印刷機能が標準装備されているため、両面印刷による用紙代の節約や割付印刷による縮小印刷などがランニングコスト削減に貢献することができるのです。

 

PIXUS MG6230は完成度の高い複合タイプのインクジェットプリンターとして、発売以来確実にその売上を伸ばし続けています。